日本万国博覧会記念切手の買取相場はいくら?〇〇円くらいが相場です

日本で1970年に開催された日本万国博覧会。(EXPO‘70)
総来場者数6000万人以上。

1970年当時の日本の総人口が約1億人ですから、計算上では日本人の2人に1人が訪れたことになります。
まさしく日本中が沸いた一大イベントでした。

そんな1970年の日本万国博覧会を記念して同年に発行されたのが日本万国博覧会記念切手です。

記念として万博で購入された方も多いと思います。

この日本万国博覧会記念切手。
現在ではどのような価値になっているのでしょうか。

売れるとしたらいくらくらいで、高く売るとしたらどんなことに気を付けたらいいのでしょうか。

今回はそんな日本万国博覧会記念切手の解説です。

test

日本万国博覧会記念切手とは

・発行年【1次切手】1970年3月14日(発行枚数700万枚)
【2時切手】1970年6月29日)(発行枚数1000万枚)
・額面【7円】【15円】【50円】の3枚で1セット

日本万国博覧会記念切手は1970年に日本万国博覧会開催を記念して作られた切手です。
1次販売と2次販売、計2回販売され、それぞれデザインも異なっています。

発行枚数は1次が700万枚。
2次が1000万枚です。

額面は50円と15円と7円が1枚ずつの3枚セット。

デザインは1次が

・地球と桜
・尾形光琳の燕子花屏風
・花火とパビリオン

2次が

・地球と会場のシルエット
・酒井抱一の夏秋草図屏風
・秋田の竿灯とパビリオン

どれもカラフルで非常に美しいデザインとなっており、たくさんの方が記念に買い求めました。

面白いのが切手帳です。
切手帳は1次か2次か、また、どこで買ったかによって切手帳のデザインが若干違います。

・【万博マークが金色で郵政省の文字が黒】

万博の自動販売機で購入した1次発行切手

・【万博マークが金色で郵政省の文字が銀か金】

万博の自動販売機で購入した2次発行切手

・【万博マークが銀色で郵政省の文字が黒】

全国の郵便窓口で販売された1次発行切手

・【万博マークが銀色で郵政省の文字が銀か金】

全国の郵便窓口で販売された2次発行切手

このように切手帳のデザインで購入場所と1次か2次かの切手の種類を判別することができます。

1次と2次があったり、販売場所で切手帳のデザインが違ったりと非常にバリエーション豊かな切手ですね。

ただし、これらの違いで買取相場に大きな差はないようです。
特にどのデザインが高い、安いといった差はありません。

日本万国博覧会記念切手の平均的な販売価格と買取相場

日本万国博覧会記念切手の価値ですが、残念ながらそこまで高くありません。

理由としては以下の3つが挙げられます。

・1970年発行で比較的新しい
・1次2次合わせて1700万枚と発行枚数も多め
・日本万国博覧会ということでコレクター以外も記念に購入した

結果、日本万国博覧会記念切手は多くの人に行き渡ってしまったために希少価値は現在そこまで上がっていません。

特に記念に買った人が後々買取に出すケースが多く、市場で常に供給過多の状態となっています。

店頭での販売価格

1次切手150~300円前後
2次切手150~300円前後

買取相場

1次切手100円~
2次切手100円~

相場の変動が比較的大きい切手になります。
未使用の状態で高いときは販売価格で300円の値がついたこともあるので、額面以上の買取も業者によっては可能ではないでしょうか。

基本的には額面通りで買い取ってもらえるかどうかです。

今後の価格推移ですが、やはり過剰供給気味のため、高騰は難しいのではないでしょうか。
高騰の好材料としては、2018年の3月より、万博のシンボルでもある岡本太郎作「太陽の塔」の内部が公開された事です。

これによってコレクターの間でもこの日本万国博覧会記念切手が再評価される可能性はあるかと思います。

日本万国博覧会記念切手を高く買い取ってもらうコツ

・裏糊が残っているかどうか
・ヒンジの跡がないかどうか
・染み、ヤケ、擦れ、折れ、破れ、よれがないかどうか
・未使用かどうか
・複数の業者に査定を依頼する

状態は未使用が基本です。
切手に限りませんが、汚れや破れは価値を大きく下げます。

傷や破れに関しては切手帳の状態のまま保存していれば問題ないと思います。
ただし保存場所によっては日焼けの可能性はあります。
他にも湿気の多い所での保存の場合、染みにも注意が必要です。

日本万国博覧会記念切手は切手帳が4種類ありますので、4種類セットにすれば業者によってはプラス査定が期待できるかもしれません。

1時と2次のセットでもいいでしょう。
相場の変動が大きい切手なので買取に出すタイミングによっても多少の違いが出てくるかと思います。

いずれにしても複数の業者に査定をしてもらうのが高価買取の一番のコツです。

顧客満足度No1の切手買取業者なら「切手買取バイセル」


当サイトで一番人気がある切手の買取業者は「切手買取バイセル 」になります。

切手買取業者バイセルは顧客満足度以外にも以下の分野で1位に輝いています。 他にもおすすめの点は以下になります。

おすすめのポイント
・買取実績月間20000件以上と業界トップクラス

・査定額が他店よりも1円でも安ければ全品返却

・査定料、出張料などは無料

・現金即払い、宅配なら即振込

・日本全国対応

・申し込みから最短30分で訪問可能


買取方法も三種類に対応しています。

買取の申し込みからの流れ



切手買取バイセルの公式サイトはこちらをどうぞ。

切手買取バイセルの公式サイトを見てみる

最後に

日本万国博覧会記念切手は日本を代表する一大イベント、日本万国博覧会で販売された切手です。
一大イベントだったため、切手コレクター以外でも日本万国博覧会記念切手を買う人が多く、結果として希少価値は上がりませんでした。

とはいえ、人気があるのは間違いないので、業者によっては額面通りかもう少し高い買取も期待できるかもしれません。

1970年代、購入した人が多い日本万国博覧会記念切手。
ひょっとしたらご家族が購入したままご自宅の押し入れに眠っているかもしれませんね。

もし見つけたら是非査定に出してみましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

万国郵便連合加盟100年記念切手の買取相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

新東京国際空港開港記念切手の買取相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

東宮御婚儀祝典記念切手の買取相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

明治銀婚記念切手の買取相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

国際文通週間記念切手シリーズの買取相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

天皇陛下御在位10年記念切手の買取相場はいくら?〇〇円が相場です