明治銀婚記念切手の買取相場はいくら?〇〇円が相場です

 

明治銀婚記念切手は日本で最初に発行された記念切手です。
日本最初の記念切手、また明治天皇の銀婚を記念して発行されたおめでたい切手ですので、大切に保管している方もいると思います。

この明治銀婚記念切手。

市場価値はどのくらいか気になりませんか?

日本初の記念切手と考えるとプレミアを期待してしまいますよね。

今回はそんな貴重な明治銀婚記念切手の市場価格や買取価格、高く売るためのコツを解説します。

明治銀婚記念切手をお持ちの方、売ろうかどうしようか迷っている方は、是非読んでみてください。

test

明治銀婚記念切手とは

発行年

1894年3月9日

額面

2銭
5銭

発行枚数

2銭 1480万枚
5銭 100万枚

明治銀婚記念切手は、1894年に明治天皇の結婚25周年(銀婚)の祝典を記念して作られた、日本で最初の記念切手です。

もちろん切手そのものは1871年(日本最古の切手は竜文切手)から存在していましたが、1894年以前の日本には「記念として切手を発行する」という概念がありませんでした。

当時の外国人からの強い要望もあり、明治天皇の銀婚にて初の記念切手が発行されたのです。

ただ、元々発行を予定していたものではなく、急きょ決まったそうで、当時の担当者は不眠不休で原版を仕上げたそうです。
これに関しては通常1カ月はかかる原版が、1週間ほどで出来上がったという有名な逸話があります。

額面は2銭と5銭。
2銭は赤、5銭は青でデザインは菊花紋章の左右に雌雄の鶴、という大変荘厳でおめでたいデザインとなっています。

発行枚数は2銭が1480万枚と当時としては異例の発行枚数です。
対して5銭は100万枚とかなり少なくなっています。

そのため、5銭のほうが価値は高くなっています。

明治銀婚記念切手の平均的な販売価格と買取相場

店頭での販売価格

2銭 12000円~16000円
5銭 19000円~25000円

買取相場

2銭  4000円~10000円
5銭  8000円~18000円

さすが日本最初の記念切手だけあり、販売価格は10000円以上のプレミア価格です。
状態の悪いものでも10000円近い価格で取引されているようです。

一方買取価格は数千円から10000円以上までと非常に幅が広くなっています。

なぜこんな開きが出るのかというと、
「切手ブームが下火で価値が低い」と判断する業者と「根強いファンがいて貴重」と考える業者がいるからです。

業者と言っても全国すべての業者で価値観・相場が同じではないので、買取を依頼する際はできる限り複数の業者に査定してもらうことをおすすめします。

高く買い取ってもらうコツ

明治銀婚記念切手を高く買い取ってもらうコツですが、以下の基本的な部分を押さえておきましょう。

・裏糊が残っているかどうか
・ヒンジの跡がないかどうか
・染み、ヤケ、擦れ、折れ、破れ、よれがないかどうか
・未使用かどうか
・複数の業者に査定を依頼する

日本切手史上に残る貴重な切手です。
多少の汚れでも値段は付きますが、やはり「新品未使用・美品」という状態があってこその高額買取です。

切手コレクターはちょっとした擦れやヤケ、折れですら気にする方がいますので、些細な点で査定が下がります。

保管している方は是非保存状態に気を付けてください。

ただし、使用済(消印が押されたもの)でも消印によっては、1000円前後の買取価格が付くというケースもあります。

使用済でも貴重な切手には変わりません。

査定価格がアップする要因としては、2銭と5銭のセットやシート単位で査定を依頼するのもお勧めです。
切手でペアやセットで発行された切手は、揃えて査定してもらうと査定価格が上がることがあります。

そして滅多に出てこない50面シートで保存されている場合、とんでもない価格が付きます。
カタログ価格で90万円~150万円ほどですので、買取価格も数十万単位の価格になってきます。

また、先ほども書きましたが、業者によって買取価格は極端に開きます。
特にこういった希少なプレミア切手の場合、業者によって買取価格が倍以上違うという可能性もゼロではありません。

もし、1円でも高く売りたいと考えているなら、複数の業者に買取を依頼することをおすすめします。

顧客満足度No1の切手買取業者なら「切手買取バイセル」


当サイトで一番人気がある切手の買取業者は「切手買取バイセル 」になります。

切手買取業者バイセルは顧客満足度以外にも以下の分野で1位に輝いています。 他にもおすすめの点は以下になります。

おすすめのポイント
・買取実績月間20000件以上と業界トップクラス

・査定額が他店よりも1円でも安ければ全品返却

・査定料、出張料などは無料

・現金即払い、宅配なら即振込

・日本全国対応

・申し込みから最短30分で訪問可能


買取方法も三種類に対応しています。

買取の申し込みからの流れ



切手買取バイセルの公式サイトはこちらをどうぞ。

切手買取バイセルの公式サイトを見てみる

最後に

明治銀婚記念切手は1894年に明治天皇結婚25周年を記念して作られた、日本最初の記念切手です。

日本の切手史に残る資料でもある貴重な切手のため、その価値は非常に高いです。
バラでも高い買取価格が期待できますが、ペアやシートになるとその価値はさらに高くなります。
お持ちの方は是非査定に出してみましょう。

ただし、業者によってはあまり高い価格を付けない業者もいます。
今回私が調べたところ、2銭の場合、最高価格は10000円買取でしたが、最低買取は2000円でした。

同じ切手買取業者でも5倍もの査定価格の開きが出ます。

もしこの貴重な切手を売る際は複数の業者に依頼したり、専門の価値がわかる業者に依頼するなどして是非高く買い取ってもらえるところを探してください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

郵便創業100年記念切手の買取相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

日本万国博覧会記念切手の買取相場はいくら?〇〇円くらいが相場です

NO IMAGE

伊勢神宮式年遷宮記念切手の買取相場はいくら?

NO IMAGE

日本国憲法施行記念切手の買取相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

天皇陛下御在位10年記念切手の買取相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

札幌オリンピック冬季大会記念切手の買取相場はいくら?〇〇円が相場です