ボーイスカウト50年記念切手の買取相場はいくら?〇〇円が相場です

 

ボーイスカウト50年記念切手をお持ちの方、その大事なコレクションの価値が気になりませんか?

ボーイスカウト50年記念切手は1972年に発行された切手です。
発行から40年以上経過した切手なので高額買取を期待されている方もいるかもしれません。

しかし、最初に結論から言うとこの切手は発行枚数が非常に多く、金額的な価値としては低めです。
バラの場合は買取はほぼ期待できないでしょう。
大量にあったり、シート単位なら業者によってはまとまった価格で買い取ってもらえるかもしれません。

今回はそんなボーイスカウト50年記念切手についてです。

・少しでも高く売りたい
・大量にあるから処分したい
・売る予定はないけどどんな切手なのか気になる

そんな方は是非記事を参考にしてください

test

ボーイスカウト50年記念切手とは

・発行年1972年 11月4日
・額面【20円】【1シート20円×20枚】(発行枚数3200万枚)

ボーイスカウト50年記念切手は「スカウト切手」と呼ばれるカテゴリーの切手です。
スカウト切手は日本スカウト連盟、国際スカウト切手協会日本支部がスカウト活動の促進や障害児のスカウティングを促進するために発行している切手の総称です。

日本では1949年に初めてのスカウト切手が発行されました。
(第一回全日本ボーイスカウト大会記念切手)

その後も1962年にアジアジャンボリー記念切手、1971年第13回世界ジャンボリー記念切手などが発行され、1972年にはこのボーイスカウト50年記念切手が発行されました。

額面は20円一枚のみで、1シートが20枚セットです。

デザインはボーイスカウトの少年が指導者と思しき男性とがっちりと握手をしている精悍なデザインです。

その後ろにはボーイスカウトの「スカウト章」が描かれています。
このスカウト章は「ユリ」をモチーフにデザインされ、基本的な形は世界共通ですが、一部のデザインをその国ごとに変えて固有の特徴を出しています。

日本はスカウト章の中央に、日本神話に出てくる「八咫鏡(やたのかがみ)」を配置し、下部には「そなえよつねに」のメッセージが添えられています。

ボーイスカウト50年記念切手に描かれているスカウト章もこの日本のスカウト章です。

ボーイスカウト50年記念切手の平均的な販売価格と買取相場

気になる価値ですが、発行年が1972年と比較的新しいことに加えて、発行枚数が3200万枚と非常に多く、希少価値はほとんどありません。

昔からコレクションされている方の保有率も非常に高いですし、市場にも多く出回っているのでこれからコレクションしようとしている方でも入手は容易です。

今後も買取価格の上昇はしばらくなさそうです。

店頭での販売価格

・ バラ30円~
・ シート500円~700円

買取相場

・ バラ10円~
・ シート300円~400円

残念ながらバラだとほとんど買取価格はつきません。買い取ってもらったとしても額面を下回ることがほとんどです。
シートでも額面通り(20円×20枚=400円)の買取になるかどうかです。

もし額面通りにならなかったらちょっともったいないですね。

高く買い取ってもらうコツ

高く買い取ってもらうコツとして、一般的なものは以下の条件です。

・裏糊が残っているかどうか
・ヒンジの跡がないかどうか
・染み、ヤケ、擦れ、折れ、破れ、よれがないかどうか
・未使用かどうか
・複数の業者に査定を依頼する

やはり汚れや破れが無いことが第一です。
状態が良くても買取が厳しめの切手なので、状態が悪かった場合はさらに査定額が下がります。

大量にあれば複数の業者に査定を依頼して少しでも高く買い取ってくれる業者に買取を依頼するという方法もあります。

シートであれば数百円にはなります。
こちらも複数枚あればプラス査定をしてくれる業者もいるかもしれません。

ただ、額面400円に届かなかった場合は売ってしまうのもなんだかもったいないですね。
その場合は郵便物を出すときに使ってしまうという方法もあります。

古い切手でも料金が不足しなければ現在でも問題なく使用できます。

82円必要な郵便物なら2円切手を買い足して使用するか、ボーイスカウト50年記念切手は20円なので、5枚(100円分)貼って使ってしまってもいいでしょう。
(料金不足は問題ですが、超過の場合は問題ありません)

大量にあって使い切れない、どうしても使う用事が無い、という方は買取という選択をしてもいいでしょう。

なお、価値の低めなボーイスカウト50年記念切手ですが、例外的に「エラー切手」の場合は価値が高くなります。

エラー切手とは使用済みの切手の消印が通常では考えられない日付(発行日前日など)だったり、印刷が著しくずれたりしている物です。

こうしたものは価値の低い切手でも例外的に高い価格で取引されています。

価値が低い切手だとあきらめずに、まずは自宅の切手をよく見てみてはいかがでしょうか。

顧客満足度No1の切手買取業者なら「切手買取バイセル」


当サイトで一番人気がある切手の買取業者は「切手買取バイセル 」になります。

切手買取業者バイセルは顧客満足度以外にも以下の分野で1位に輝いています。 他にもおすすめの点は以下になります。

おすすめのポイント
・買取実績月間20000件以上と業界トップクラス

・査定額が他店よりも1円でも安ければ全品返却

・査定料、出張料などは無料

・現金即払い、宅配なら即振込

・日本全国対応

・申し込みから最短30分で訪問可能


買取方法も三種類に対応しています。

買取の申し込みからの流れ



切手買取バイセルの公式サイトはこちらをどうぞ。

切手買取バイセルの公式サイトを見てみる

最後に

ボーイスカウト50年記念切手は比較的最近に発行されているうえに、発行枚数も3200万枚もあったため、現在でも市場では過剰供給の状態です。
価値が上がるとしても数十年以上かかるのではないでしょうか。

額面通りの買取も期待できないので、コレクションとして取っておくか、そのまま普通の切手として使ってしまってもいいと思います。

ただし、使う前にはエラー切手ではないかどうかよく確認されることをお勧めします。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

日本国憲法施行記念切手の買取相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

昭和すかしなし切手の買取相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

2000年九州・沖縄サミット郵便切手の買取相場はいくら?

NO IMAGE

日本国際切手展2001記念切手の買取相場はいくら?

NO IMAGE

明治銀婚記念切手の買取相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

万国郵便連合加盟100年記念切手の買取相場はいくら?〇〇円が相場です